効果で選んだフラーレン化粧品のランキングも発表!

HOME » お肌に優しいフラーレン4つの効果 » 肌を活性化して老化を予防

肌を活性化して老化を予防

ここでは、フラーレンが持つ肌老化の予防効果について解説。お肌の若さを保つ働きを詳しく説明しています。

フラーレンの優れた抗酸化作用、コラーゲン生成能力

肌老化予防で必要なのは、エイジング・シミの原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用。一般にはビタミンCが効果的として知られています。ですが、フラーレンの抗酸化作用はなんとビタミンCの125倍!これだけの量があれば、肌の奥深くに潜む小さな活性酸素まで、どんどん除去してくれます。

また、肌内部の潤いとハリを保つコラーゲンを生成する能力も、美肌維持においては重要。こちらは胎盤から取れる成分・プラセンタが高効果だとされていますが、フラーレンはプラセンタの800倍ものコラーゲン生成能力があるそうです。肌のハリ・うるおいをキープする力も抜群なんですよ。

ターンオーバーのサイクルを正常化

加齢や睡眠不足などで肌の代謝が悪くなっていくと、酸化してしまう肌細胞が増加。皮膚の弾力を失わせ、老化の原因になってしまいます。酸化した皮膚を取り除くには、代謝をUPさせて新しい細胞を作る(ターンオーバー)ことが大事です。

ですが、肌の細胞分裂の回数というのは予め決まっているそうで、その回数を超えるとターンオーバーで新しい細胞を作ることができなくなってしまうとのこと。

フラーレンは、抗酸化作用がとても高く、肌の酸化を抑制します。すると、肌は元気な状態が長い期間保てますから、過剰な細胞分裂はなく、正しい周期でのターンオーバーを繰り返します。

さらに、潤い・ハリを保つパワーが効果的に働き、加齢するとどうしても乾燥しがちな肌の内側もしっとり、ぷるぷるをキープ。肌年齢がぐんと若返るだけでなく、無駄な肌の細胞分裂を抑えることができるので、結果として肌老化予防ができ、肌寿命もUPしてくれるんです。

お肌は25歳を超えると曲がり角に突入、ここから先はケアが勝負の分かれ目です。美容成分が存分に含まれたフラーレン配合化粧品を使って、ぜひ効果的なエイジングケアを始めてくださいね。